アートキッズ療育の口コミや評判

 最終更新日:2022/12/19

アートキッズ療育の画像

アートキッズ療育
会社名:LOGZGROUP株式会社
住所:〒151-0051 東京都港区南青山1-15-2超谷ビル5F
TEL:不明※サイト内問い合わせフォームあり

児童発達支援事業は、潜在的なニーズが高く社会にも貢献できる事業です。しかし、興味はあるものの知識や経験がない場合には、FCに加盟すれば開業や運営についてのサポートが受けられます。この記事では、アートキッズ療育の特徴を、売り上げや市場価値、独自のカリキュラム、FC加盟の流れなどの面から紹介します。

安定した売り上げが見込めるストック型のビジネスモデル

アートキッズ療育は児童発達支援事業です。そして、一般的に児童発達支援事業は、安定した売り上げが見込めるストック型のビジネスモデルだといわれています。イメージを明確にするために、まずは児童発達支援事業の定義と児童発達支援事業の市場価値、アートキッズ療育の強みについて解説します。

児童発達支援事業とは

児童発達支援事業とは、小学校に就学する前の子どもの中で、障がいがある場合や心身の発達に遅れが見られる場合に援助する事業のことです。利用者は日常生活で必要となる基本的な動作の指導、自活に必要となる知識や技能の付与、集団生活に適応するための訓練などを提供してもらえるというメリットがあります。

通所するには利用者が行政に申請して、許可をもらう必要がありますが、近年の傾向として、障がい名の有無にかかわらず、発達に遅れがある子どもの利用が、幅広く行われているケースが多く見られます。

児童発達支援事業の市場価値

現在、約6.5%程度の子どもには、何らかの発達障がいの可能性があるといわれています。しかし、その6.5%の子どもの中で児童発達支援などの療育サービスを受けているのは、わずか10%程度です。つまり、発達障がいや発達の遅れが気になる子どもであるのにもかかわらず、児童発達支援事業を利用している子どもは、まだまだとても少ないといえます。

アートキッズ療育代表の古徳さんもHPのメッセージの中で、児童発達支援などのサポートが必要な人に対して、まだまだサポートを提供する場所が少ないと発信しています。現在、約9割の子どもが潜在的な待機児童であるので、児童発達支援事業のニーズはとても高く、市場価値も高い事業だといえます。

アートキッズ療育の強み

アートキッズ療育には、小学校就学前の年齢で、障がいを持っている子どもや、発達に遅れが見られる子ども達が継続的に通っています。そのため、基本的には、利用者が利用を開始してから小学校へ入学するまでの間は、安定した売り上げが見込める、ストック型のビジネスモデルであることが一番の強みです。

また、現在の日本において児童発達支援は、国が令和元年から利用者負担を無償化するほど大切に考えられている領域であり、今後、社会貢献性の高いビジネスを展開できるという強みもあります。

アートを取り入れたカリキュラムで競合との差別化が図れる

従来の療育は、教育・治療・自立支援など子どもの発達を支援するのが中心でした。しかし、アートキッズ療育では、従来の療育に加えてアートや運動などを取り入れた独自のカリキュラムを作り出し、競合施設との差別化をはかっています。ここでは、アートキッズ療育の特徴を4つ紹介します。

アート療育

個別療育と集団療育があり、それぞれに特徴があります。個別療育では、コミュニケーション能力や集中力の向上、個々の課題に適した教材を用いることで、数字、文字、量の学習や気持ちのコントロールなどの基礎的な力が養えます。

集団療育では、2~4人でルールを守って、同じ課題に取り組むことで協調性や社会性などが養えます。一時間単位の療育なので、無理なく楽しみながら通えるのが特徴です。

親子通所

施設へは親子で通うので、子どもへの適切な関り方や癇癪への対応など、保護者の悩みに寄り添ったアドバイスが受けられます。また、保護者同士の交流の場としても利用できます。

子どもの個性に合わせた療育

子どもの個性に合わせて個別カリキュラムが組まれ、得意を強みに変えるプログラムが提供されます。また、アートや運動を通して、子どもが得意なことや好きなことを見つけることが可能で、発語、運動、表現能力なども伸ばせます。

のびのび遊べる空間

施設には、カラフルな遊び空間が用意されています。集中して遊べる個別訓練室と広々とした訓練指導室があり、のびのびと遊べる空間で、体全体を使って体幹を鍛えることが可能になり、表現する楽しさを味わうことができます。

アートキッズ療育のFC加盟の流れ

最後にアートキッズ療育がFCに選ばれる理由とFC加盟の流れを説明します。

FC加盟店に選ばれる理由

アートキッズ療育がFC加盟店に選ばれる理由は2つあります。

1つめは、ストック型のビジネスモデルで、安定した売り上げが見込めるのに加え、競合施設との差別化をはかった新しい療育カリキュラムによって、集客も見込めるからです。

2つめは、アートキッズ療育のFCに加盟すれば、福祉事業が未経験であっても本部に蓄積された、福祉事業の集客ノウハウを活用して運営できるからです。

FC加盟の流れ

まずは、アートキッズ療育を運営するLOGZGROUP株式会社に問い合わせをし、その後、説明会で詳しい話を聞きます。契約に至れば、本部から集客、運営、採用などの面でサポートを受けながら開業準備を進めます。準備が整ったら施設をオープンさせるという流れです。

まとめ

児童発達支援事業は、国が追加で予算を投入するほど社会問題として大切に考えられている領域です。さらに、潜在的なニーズが高く、社会に貢献しながら安定した収入を確保できるビジネスともいえます。そして、開業や運営に際して、FCに加盟すればさまざまな面でサポートを受けられるというメリットがあります。

この記事では、アートキッズ療育の特徴を、売り上げや市場価値、独自のカリキュラム、FC加盟の流れなどの面から紹介しました。参考にしていただければ幸いです。

【児童発達支援】おすすめのフランチャイズ加盟先ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名てらぴぁぽけっとコペルプラスシュシュウィズ・ユーチャイルドハート
特徴開業前だけでなく、開業後もスーパーバイザーが徹底的にサポートしてくれる30年もの歴史をもち、全国各地に多数の教室を構えている児童発達支援スクール業界未経験でもパートナーとして運営を徹底的にサポートしてくれる全国に280店舗をフランチャイズで展開する児童発達支援スクール発達支援のノウハウが豊富で運営を徹底的にサポートしてくれる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【児童発達支援】おすすめのフランチャイズ加盟先ランキング!