最終更新日:2022/11/07

シュシュの画像1

会社名 株式会社ワンライフ
所在地 群馬県前橋市広瀬町3-18-15
電話番号 090-1791-6638
代表者 市村均弥
事業内容 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サービス事業
児童福祉法に基づく障害児支援事業

おすすめポイント業界未経験でもパートナーとして運営を徹底的にサポートしてくれる

「シュシュ」は、集団での活動や社会適応能力向上のための基礎を指導することで子供たちのなかにしっかりとした土台を形成したのち、ICT機器を活用して個性や才能を引き出す療育を行っている児童発達支援スクールです。

日々独自のプログラムを組み込んだ療育が提供されています。また、フランチャイズへの加盟を希望する場合は、徹底的なサポートを受けられるので安心です。今回はそんなシュシュの魅力や特徴を詳しくご紹介します。

シュシュの画像

シュシュ

業界未経験でもパートナーとして運営を徹底的にサポートしてくれる

公式サイトで詳細を見る

シュシュの特徴①才能を引き出す療育

シュシュの画像2できなかったことができるようになるよう、児童一人ひとりの個性を伸ばすシュシュは、既存の療育法を取り入れながらも独自のプログラムを組み込んで日々児童の療育を行っています。

人によっては、自分の子供が周りの子供に比べて日常生活が全体的に遅れていると感じることや、話さない・言葉が出てこないといった発語の遅れを感じることがあれば、落ち着いて座っていられなかったり、勉強させても集中力が全く続かないなど、さまざまな不安や悩みを抱えている保護者の方も多いでしょう。

シュシュは、そんな子供たちの個性や才能を最大限に引き出す療育を提供しており、未来を生きる子供たちがあらゆる可能性に触れることで、自らの道を自分自身で考えて歩めるようサポートしてくれます。シュシュの療育を受けることで、子供たちはそれまでできなかったことができるようになるのです。

実際に子供を通わせて、満足のいく療育を受けられたと評価している保護者の方も多く存在します。シュシュのホームページには利用者の声やインタビュー形式の動画が掲載されているので、フランチャイズへの加盟を検討している方はぜひチェックしてみてください。

シュシュの画像

シュシュ

業界未経験でもパートナーとして運営を徹底的にサポートしてくれる

公式サイトで詳細を見る

シュシュの特徴②独自プログラム

シュシュの画像すでに存在する療育法に加えて、独自のプログラムも組み込みながら療育を行うシュシュには、はだし教育やダイナミック運動、午前睡眠、微細活動、タブレット学習など、さまざまなプログラムが存在します。

また、シュシュは通常のプログラムだけでなく、児童一人ひとりの誕生日会や園外活動、季節を感じられる七夕集会、遠足、運動会なども実施しているため、子供たちは幼稚園や保育園に通う児童と同じ経験を積むことが可能です。独自のプログラムに加えて、毎月何かしらのイベントが行われているシュシュの療育であれば、子供たちは楽しみながらも日々個性や才能を発揮できます。

はだし教育

はだし教育とは、その名の通り生徒がはだしのまま教育を受けるプログラムです。足は第二の心臓と呼ばれており、はだしで過ごすことは土踏まずの形成や足の筋肉の向上、感覚器の向上、脳の発達などにつながります。要するに、はだし教育は身体のあらゆる機能の発達につながるのです。

ダイナミック運動

ダイナミック運動とは粗大運動のことで、座る・立つ・歩くといった生活するうえで必要になる動作や、走る・跳ぶなどの全身を大きく動かす運動のことを指します。粗大運動は子供たちの運動能力を発達させるためのプログラムであり、シュシュでは子供たちに躍動してもらいたいという想いからダイナミック運動と名付けられました。

午前睡眠

昼寝は児童の発達において必要不可欠です。特に午前中に眠ると脳の成長ホルモンが出やすいだけでなく、他にもさまざまなメリットが得られることから、午前睡眠が実践されています。

微細活動

微細活動とは手や指先、腕などを使って巧緻性や手先を器用に使う能力を高める活動のことです。全身を大きく動かすダイナミック運動だけでなく、手先を使った微細活動も児童の発達支援には欠かせません。

微細活動のなかでも対立運動は特に重要であり、そのことを理解しているシュシュは、子供たちが楽しめるさまざまな方法で微細活動を行っています。

タブレット学習

シュシュでは小学校のICT教育(パソコンやタブレット)に先立ち、タブレットを用いた学習が日常的に行われています。発達障害のある子供たちは、障害のない子供たちに比べて集中力がなかったり、字を書くのが苦手なケースが多いため、タブレットを使った学習は発達支援において非常に有効です。

タブレット学習では、先生とマンツーマンで数や色、形、ひらがななどの勉強が行われています。苦手な文字を書かなくていいうえに、イラストや動画を使って療育が行えるタブレット学習であれば、子供たちはゲーム感覚で無理なく学習習慣を身につけることが可能です。

シュシュの特徴③徹底したサポート

シュシュの画像4児童発達支援事業は、常に成長し続けている高成長市場です。児童発達支援を受ける生徒の数は15年で16.5倍、人数にするとおよそ6.5万人増加していますが、施設数はかなり不足しています。

そのため児童発達支援事業は、1事業所の年間売上3,000万円強(利益1,000万円)を目指せる事業なのです。シュシュは、そんな収益性かつ社会性の高い児童発達支援事業のフランチャイズに加盟してくれる事業者を募集しており、フランチャイズに加盟した際は専門の責任者による産学や、実際に現場へ入っての現場実習などが約2ヶ月間行われ、事業者が必要なスキルを習得できるよう徹底的にサポートしてくれます。

建坪は30坪〜40坪程度あれば事業を運営でき、1日の児童の定員数は10名なので、スタッフは責任者を含めても5名〜6名いれば十分です。また、ロイヤリティは定員に対しての利用人数が50%を超えるまで無料になります。

ロイヤリティとは、特許や著作権、商標などを所有者以外が使用する際に、使用する側が権利者へ支払う対価のことです。つまり、フランチャイズへ加盟した場合は、利用人数が50%を超えるまで売上の一部をシュシュへ支払わなくてもいいということになります。

最初のうちだけでもロイヤリティがかからないのは、事業者にとって大きなメリットです。

施設デザイン

シュシュは専属デザイナーを雇用しているので、フランチャイズに加盟して事業を立ち上げる際は、こだわりの外観や内装で特別な空間を演出することが可能です。また、児童が公園などの敷地外へ出ることを心配する保護者の方も多いため、シュシュは事業所に園庭をつくることで安心して子どもたちが外で遊べる空間を提供しています。

障がいをもっていたから通える場所を目指すシュシュであれば、子供だけでなく保護者の方にも新しい価値観を提供する建物づくりが行えるでしょう。

まずは問い合わせてみよう!

シュシュは、集団での活動や社会適応能力向上のための基礎を指導することで子供たちのなかにしっかりとした土台を形成したのち、ICT機器を活用して個性や才能を引き出す療育を行っている児童発達支援スクールです。

独自のプログラムを組み込んだ療育は、保護者の方から高い評価を得ています。また、フランチャイズへの加盟に関しては、全くの初心者でも徹底したサポートを受けられるうえ、約2ヶ月間の研修を通して必要な知識を習得できるので安心です。

そんなシュシュが気になったら、まずは気軽にホームページから問い合わせてみましょう。

シュシュの画像

シュシュ

業界未経験でもパートナーとして運営を徹底的にサポートしてくれる

公式サイトで詳細を見る

シュシュの口コミ評判を集めました

山崎オーナー

理念に深く共感した

まず、デザインセンス、施設の設備、ホームページ、パンフレットなどが全て高品質だと思いました。他のフランチャイズ企業や、私たちの地域の同じような事業をされている施設と比べて、様々な面で上回っているなと感じ、chouchouへ魅力を感じました。

また、提供されているプログラム内容や施設計画、施設開設にあたる配布物に至るまでFC本部として統一して作成されています。高水準の標準化が実現されていると感じ、ロイヤリティ制度など加盟することのメリットも明確であったことも大きかったです。

さらにもう一つ、実際に社長に会って就労継続支援事業に関する考え方(通所するこども達へ自信を身に付けてもらうことが大切など)や、発達に障害を持つ児童向けの保育園(幼稚園)のような存在が必要だというコンセプトの説明を受けた際に、いずれの理念にも深く共感をしました。福祉について本気で考えている会社であると確信を持てたことで、加盟しました。

引用元:https://onelife-inc.com/

シュシュは、プログラム内容や配布物などをしっかりと本部が作成しているのですね。経営をはじめてからも、しっかりサポートしてもらえるのではないでしょうか。利益の面だけでなく、きちんと福祉について考えられているのも注目しておきたいポイントです。シュシュでは、デザイン性に特化した施設を提供することにより、子どもが視覚的に楽しめる空間づくりを行っています。飽きずに通い続けられる療育園になりそうですね。

安部オーナー

社会貢献性に感銘を受けた

元々、飲食事業を中心に経営を行っておりました。 昨今の新型コロナウィルスの影響により、飲食事業の経営自体の不安定感から新しい事業への参入を検討していました。そんな中で、1からで新しい事業に取り組むのではなく、魅力的なフランチャイズ事業を探していました。

色々な加盟事業の話を聞かせて頂いた中で、1番魅力を感じた事業が、児童発達支援事業を展開する「chouchou(シュシュ)」だった為、加盟を決断しました。もちろん、経営として大事な収支の部分は不安ではありましたが、 実際に稼働されている施設にも足を運び、その社会貢献性に感銘を受けたのが加盟を決めたとても大きい要因です。

引用元:https://onelife-inc.com//

投稿者さんは、シュシュのフランチャイズを通じて、社会貢献をしたいと感じられたようですね。はじめる前は収支に関して上手くいくのかわからないと思いますが、専門性の高いプログラムやオリジナル体操、イベントなどは利用者にとって魅力的だと思います。集客は見込めるのではないでしょうか。シュシュでは、脳の発達や身体の機能向上のため、はだし教育を推奨しています。子どもの発達段階に合わせた独自のプログラムはチェックしておきたいところです。

サイト内検索
【児童発達支援】おすすめのフランチャイズ加盟先ランキング!

【児童発達支援】おすすめのフランチャイズ加盟先ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名てらぴぁぽけっとコペルプラスシュシュウィズ・ユーチャイルドハート
特徴開業前だけでなく、開業後もスーパーバイザーが徹底的にサポートしてくれる30年もの歴史をもち、全国各地に多数の教室を構えている児童発達支援スクール業界未経験でもパートナーとして運営を徹底的にサポートしてくれる全国に280店舗をフランチャイズで展開する児童発達支援スクール発達支援のノウハウが豊富で運営を徹底的にサポートしてくれる
詳細リンク